即効性&勃起力を120%得る方法

バナナと男性

せっかく効きの良いED薬を服用しても、食後すぐに服用すると効果はありません。
「ED薬が効かなかった」と落ち込んでいる人の8割は、食事の影響を考慮していなかったためという結果も出ています。

食事の影響はあまり受けないとされている薬もありますが、最大の効果を促すためには空腹時が一番。
この記事では、ED薬服用する時に空腹時を推奨している理由を紹介します。

「食事の影響を受けにくい」ってどういう意味?

ED治療薬は、食事の影響を受けやすく食後に服用してしまうと十分に効果が発揮できません。
腸の壁に油が残ったままだと、薬の成分は吸収されません。
食事の影響を受けにくいということは、食べ物の油などに対抗できるED治療薬もあるという意味です。
しかし飲むタイミングや食事の仕方を誤ると、十分な効果を発揮できず勃たなかったという結果にもなり得ます。

・脂肪分が少ない和食を選び、食べる量を6~7分目に抑える
・食後すぐに服用するのではなく最低でも2時間以上空けること

影響を受けにくいとされている薬も、上記のポイントを守ることで100%に近い効果をもたらしてくれます。

どのED治療薬も空腹での服用がベスト!

十二分にED薬の効き目を得たいのであれば、お腹を空かせている状態が一番。
油っこい食事の後は、腸壁にべっとりと油がついています。薬の成分が油の壁を超えることは不可能です。
腸壁をキレイな状態のまま薬を摂取することで初めてED薬は効果を発揮。
役目を果たせなかったED薬の成分は、そのまま便として排出されてしまいます。

「せっかく服用にチャレンジしたのに成果が出なかった」という事態にならないよう、ED薬は基本的に空腹時を心がけましょう。