【器質性ED】レビトラを服用して生活習慣も見直そう

食生活が乱れる男女

器質性EDは、生活習慣の乱れや関連する病気によって起こります。
生活習慣病を患っている人は、EDになる確率が高く動脈硬化が大きく影響。

【糖尿病とED】
日本人男性の糖尿病者数は138万人もいると言われています。
糖尿病でない人に比べて2倍ほどEDになりやすいことが報告されているのです。
勃起は、神経や血管がいくつものプロセスを辿って複雑に絡んでいます。
糖尿病により血糖値が高い状態が続くと、神経や血管が障害を受けてペニスに性的刺激をうまく伝えられなくなる可能性が。

【高血圧とED】
高血圧を持っている男性とED合併率は約70%と高く、EDの症状が悪化しやすい特徴があります。
勃起は、陰茎海綿体の動脈に大きく拡がり血液を大量に送りこみ男性器が起き上がる仕組み。
しかし高血圧があると陰茎海綿体の動脈にトラブルが起きて、十分な量の血液が流れ込まなくなり、EDの症状が現れるのです。

器質性EDの主な原因は、陰茎海綿体に血液が十分に行き届かないということ。
ペニスに血流をしっかり送りこめるよう、レビトラを服用して血行促進をしていきましょう。
レビトラは血管のつまりで「勃起しづらい」となっている原因を、血管拡張作用で血液を陰茎に送りこるようにします。
また勃起の邪魔をするPDE5という酵素を阻害するため、海綿体に集まる血流量はかなりアップするので、ハードな勃起を実現できます。
器質性EDの場合は、生活習慣を見直していくことが大事。
健康な食生活・十分な睡眠・適度な運動など、できそうな内容を選んで改善していきましょう。