ED治療薬の選び方をマスターせよ

ボールをつかむ手

レビトラは世界で2番目に承認されたED治療薬で、アスピリンの開発で有名なバイエル社で製造されています。
アメリカのシェリング・メルクの3社合同で開発が進められていました。
ですが社は販売権を放棄したので、バイエル社が所有権を得たのです。

レビトラは、フランス語でLE(男性を示す意味)と、ラテン語でVITRA(生命)から男の生命という意味で名付けられました。
今では世界70ヶ国以上で愛用されていて、バイアグラの欠点をカバーしたED治療薬と言われています。

【バイアグラとレビトラ】
バイアグラは空腹時に飲むのが基本で、作用は4~6時間ほど。
それに比べレビトラは、700kcalまでの食事は可能で、作用は6~10時間です。
制限が少ない点で注目を集めていますが、最大の特徴は飲んで最短15分で効果が現れます。
素早く効くので勃起力もバイアグラに劣らない、硬い男性器を実現できます。
即効性と持続時間、勃起力のバランスで選ぶならレビトラがオススメ。

レビトラは、勃起を維持させるのに必要なcGMPと呼ばれる物質を分解してしまう、PDE5の酵素を阻害する作用があります。
PDE5の邪魔を阻止することで、cGMP が正常に働けるようになり勃起を促します。
空腹時に服用すると、即効性を感じやすくなりますが、食後であれば20~30分で効果が発現。

服用して45分後には、マックスに効果が現れているのでセックスするタイミングは飲んで45分後がベスト。
脂っこい料理でなければどの食事(700kcal以内)を楽しんでも大丈夫です。
食後2~3時間空けて服用すると、効果を100%だせる飲み方なのでトライしてください。